問題解決の授業づくり研究会へ ようこそ!


私たちが目指す問題解決の授業づくりとは?

    私たち教師が、子どもたちの知識や技能を学ぶ必然性を生み出して、それらを獲得できるように導くものです。
    つまり、教師は、子どもたちに知識や技能を教えるのではなく、自ら学ぶことができるように仕向けていきます。
   そして子どもたちが、問題の解決をする必要感から、仲間と協同で作業をしたり、話し合ったりしながら問題を解決していく授業づくりを、私たちは目指しているのです。
    その授業づくりは、問題解決の必要性によって知識や技能の習得を図るとともに、それらを活用・応用することができる資質と能力の育成を達成する学習法と言えます。
     2018年12月27日 作成

問題解決の授業づくり研究会
since 2018